(hayata-1979) [KIT01/1979-hayata-00.html]
九州工業大学自動車部OB会
  
早田さん(1979s54)の思い出

自動車部にはいった動機は、免許が格安で取れるという当時、自動車部部員募集での最大のコピーに 惹かれてでした。
自動車やバイクは好きな方でしたが、免許を取れたら、やめようかなとも思っての入部でした。
ただ、新入部員が多く(20名位)、毎日の練習、金比羅までのランニング+ハンドル回しは、最初に運転練習できるための 競争でした。新入部員には、高校時代は野球やテニスなどに熱中した人が、なぜか多く、この競争が結構楽しかったです。 また、自宅通いだったのもあり、新歓コンパで同級生の下宿に泊まったり、合宿での生活は楽しいものでした。
1,2年の時は、こんな調子で部活を楽しんでいましたが、3年では主将に指名され、みんなを引っ張っていく自信は ない状態でのスタートでした。ただ、同級のメンバーとは、なにかと話合い、みんなで決めて進めていたと思います。
1年間、役割分担の中ででいろいろ行事を行ないました。競技ラリーはもちろん、カベンジャーラリー主催、 全日本整備大会参加、全九フィギア大会全種目参加、奨学金募集九州一周駅伝北九州地区担当、当時、流行ったスパーカーの 展示会でのガードマン運営等々。自動車に関係するものは何でもやり、充実した1年間を過ごせました。また、その次の代も継承、 レベルアップしてくれたことは大変嬉しく思いました。
就職先は、自動車とまったく関係のない会社ですが、社会人となり、自動車部での企画運営での経験が、 一人でなく、仲間、関連部門と共感しながら仕事をすすめることが、もっと重要だと気づきました。
(自動車部の時は、活動が社会経験に近く、仕事に生かせるなんて全く思ってなく、めんどくさい時もありました・・・・)
現役のみなさん、今、部員は少なく、大変な時期だと聞いています。ただ、少なければ少ない中でやれることが あります。 決して義務感でなく、まずは自分たちが楽しめる、そして面白いと思うものを見つけ、仲間を集めていくことだと思います。
動かずば進まず、動けば何かを得られます。
[早田さん(s54) 記] 

<在学中>

【↑TOPへ】<ページ>【ENDへ↓】
(binran-1975-04-hayata)  <ソースコピー>
□(1975s50.4)学生便覧
<提供>  早田さん(s54)  

[1979-hayata-01a]
hayata

【↑TOPへ】<ページ>【ENDへ↓】
(figia-1978-hayata)  <ソースコピー>
□(1978s53)フィギア大会
<提供>  早田さん(s54)  

九州学生連盟の依頼を受けて、コース図作成。
[1979-hayata-06-0a]
hayata
コース図/小型乗用車用
九州学生連盟の依頼を受けて作成。
[1979-hayata-03-00a]
hayata
規則書(〜p7)
〜p15 〜end
[1979-hayata-05-1a]
hayata
s53特別規則(p.1)
[1979-hayata-05-2a]
hayata
s53特別規則(p.2)
[1979-hayata-04-0a]
hayata
インペク心得


<卒業後>

【↑TOPへ】<ページ>【ENDへ↓】

©2008. Tsutomu Kondo. All rights reserved.